まつりょうblog

まつりょう blog

釣りが好きな学生の釣行記

マイナス4℃の川遊び

はじめに

本来ならいっぱい写真を撮る予定でしたが、写真を撮ろうにも冷たすぎてリチウム電池がすぐに死んでしまうし、肌を露出すると凍傷になるので写真が2枚しかありません。

_

寒さで魚がいるのに魚が釣れません。

それなら…

こっちが迎えに行ってやる(←アホ)

f:id:like_fish:20180116205057j:plain

とりあえず、すごく暗い。

f:id:like_fish:20180116205554j:plain

網に魚が簡単に入ります。みんな寝ています。

そして、寒い。

 

写真には撮れていませんが、2回ほど濡れた網を振ると凍ってしまいました。

そして、魚の鮮度もバツグン。

 

f:id:like_fish:20180116205728j:plain

最後は当然こうなるわな

魚の姿が残っているのがオイカワ、赤いのが混じっているのはスジエビ、ヌマエビとオイカワ稚魚のかき揚げ。手前のフィッシュアンドチップスにありそうな身はオオクチバス

おいしい。

今年の抱負

今週のお題「2018年の抱負」

『自分の手で自然を守る』

matsup.hatenablog.com

上のリンクは私のサブブログの記事ですが、こんなどこの誰だか分からない奴がゴミを持ち帰れだの言っても何の影響力もありません。プロの方やメーカーがもう少し訴えかけて欲しいと思いますが、プロやメーカーばかりに頼ることもどうかと思います。

そして、釣り人を多く見てきましたが、私達自身がフィールドを守ろうという気持ちがあまり見られません。(注:フィールドを守るよう努力されている方も当然います) この先の釣りの未来は暗い。

 

微力かもしれませんが、私の手で明るい未来に変えていきます。

 

モクズガニ釣りの準備はできていますか?

あけましておめでとうございます。

なかなか釣りに行けず、更新が止まっていましたが生きていますよw

 

今回はタイトルの通り、モクズガニを釣ります。

モクズガニは産卵のため、秋から冬にかけて繁殖のために海に降るので河口にたくさん集まってきています。

 

私は網ですくったり、カニカゴを沈めるよりも釣り上げた方がいいだろうと思い、釣っていますが、みなさんは“カニカゴが認められている場所”では使った方がいいと思います。なんなら、カニカゴを沈めてから見える個体を釣り上げるのがいいかもしれません。

 

f:id:like_fish:20171231233535j:plain

今回も去年と同じフィールドです。今思えば、懐かしいですね。part3がモクズガニ釣りです。

 

like-fish.hatenablog.com

like-fish.hatenablog.com

like-fish.hatenablog.com

仕掛けですが、今回は100均のネットを使って作りました。(すぐ破れたのでこの仕掛けで釣り上げていないのはナイショ)

 

f:id:like_fish:20171231233919j:plain

 

中に入れる餌はアジにしようと思っていましたが、正月に小アジなんて売っていません。鍋用のワタリガニが格安で売っていたのでワタリガニを使用しました。カニでカニを釣ります。

 

結局のところ上の仕掛けではなくスプーンで引っ掛けましたが、この仕掛けでもモクズガニを集めることは可能なようです。青のネット(餌とオモリ入り)が早々に破けてしまったので、ミカンや玉ねぎのネットの方がいいのかと思います。

 

f:id:like_fish:20171231234539j:plain

 

カニにピントが合っていませんが、トレブルフックで引っ掛けるだけです。オフセットフックでも引っ掛けることはできますが、かなり難しいと思います。

 

引っ掛ける方法としては

1.両サイドの護岸壁にしがみついている個体や(底が砂利ではなく)コンクリートのところにいる個体の目の前にルアーを置く

 

2.(逃げる個体もいますが)ハサミで挟んでから馬乗りにしてくるので、がっちりホールドしたら糸のたるみをなくし*1アワセる。

 

3.引き上げる

 

はい、簡単ですね。

コツとしては、モクズガニの目の前に落とすのではなく、少し先に落としてから少しずつ近付けましょう。目の前にいきなり落とすと高確率で逃げられます。また、ルアーをホールドしてから時間をあけるとルアーを手放したり逃げたりしますので、タイミングよくアワセましょう。タイミングについては表現するのが難しいため、ご自身で研究して下さい。(ごめんなさい)

 

 

結論:カニカゴ仕掛けた方が良かったかも。引っ掛けるのも楽しいのでぜひ、やってみてはいかがでしょうか。

 

__

追記

カニカゴ(カゴわな)の成果は(残念だったので)サブブログの方に載せました。

matsup.hatenablog.com

やっぱり、引っ掛ける方が向いてるのかな。。。

 

*1:モクズガニに悟られないようにゆっくりと巻く

最後まで閲覧していただきありがとうございます。
お気付きの点がありましたら、コメント欄等でお気軽にお知らせ下さい